南の島のジュエルフルーツ


フルーツもりもり!
そのままで食べて美味しいフルーツですが、包丁を入れることでさらに華やかになるんですね。



宮古島伝筆キャラバンのワークショップの応援のために、

大阪から駆けつけてくれた万ノ記子先生ジュエルフルーツの先生でもあります。

万ノ記子ブログ


来間島パニパニカフェのカウンターをお借りして、簡単にできるフルーツカッティングを教えていただきました。


まずは腹ごしらえから。何をいただいても美味しい!

食べるの専門で、料理教室の類いに通ったことのないわたしには新鮮な体験でした。


すっごく楽しそうに包丁を操る万ノ先生、柔らかいキウイフルーツの扱いも手慣れたものです。


あれよあれよ、という間に完成!
これぞジュエルフルーツ、宝石のように輝く一皿です。

ジュエルフルーツとは



写真撮影も真剣そのもの。


万ノ先生、吟味されたフルーツを大阪からわざわざ持ってきてくださいました。


この坂をのぼって、パニパニカフェまで。
フルーツはどれもうまうまでした。


パニパニカフェの庭には、パパイヤやバナナもなっています。


宮古島諸島はフルーツが豊富です。マンゴーだけじゃないんですよ。

マイヤーレモン、メロン、ドラゴンフルーツetc.

わたしの一番好きなパッションフルーツを朝食にたっくさん食べさせてもらっています。


不器用なわたしにはちょっぴり難しかったフルーツカッティングでしたが、コツを教えてもらったので、初めてにしてはなんとかなりました。


もう少し練習したら、それなりにカッコつくのかなーと楽しい時間でした。
なんか伝筆と似てるかも!


万ノ先生、ありがとうございました。



伝筆キャラバンのおかげで、いつもと違う宮古島滞在になりました。


パニパニカフェのお土産コーナーに新たに伝筆はがきを描いて置いてきました。

わたしの分身たちも、伝筆キャラバンと同じようにどなたかの元へ旅します。



文字を描くのに年齢制限はありません。
50の手習いと言われるように、
50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、伝筆をはじめていただけます。


英語版Lesson2、中級セミナー(ひらがな編・漢字編)、宛名セミナーは初級セミナーを修了された方が対象ですので、受講したい方は先に初級セミナーを受けてくださいね。






一般社団法人伝筆協会認定講師
なみおか恵美

かなすふでぃ伝筆 筆ペンを自由自在に操る東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000