来間島パニパニカフェに伝筆色紙届けます

こちらの伝筆色紙、まもなく来間島にあるパニパニカフェのお土産コーナーに並びます。


東京から南西に約2000kmに浮かぶ宮古諸島の島のひとつ、来間島。

日本トランスオーシャン航空の小さな窓から、来間島が見えてくると“あぁ、また帰って来れた”と胸が熱くなります。

わたしにとって、宮古島、そして来間島は特別な場所です。


来間大橋を渡って道なりに進むと、右手に見えてくる緑のこんもりした場所、そこがパニパニカフェです。

屋外にあるカフェ、正真正銘のガーデンカフェ。

つまり、お天気の悪い日はクローズになります。

それから、風が冷たい11月下旬から3月中旬くらいもクローズしています。

オープンしているときにお店に行けたら超ラッキーな、知る人ぞ知る人気カフェです。

まったく宣伝をしていないのに、口コミで次から次へとお客さまが訪れます。

テーブルの下は白い砂が敷きつめられており、こちらのオーナー夫妻と出会ったモルディヴのリゾートそのまんまです。

お店の看板猫バンジロー、おじさんを通り越しておじいさん猫になったけれど、まだがんばっています。

この楽園のような場所の一角に、わたしの伝筆色紙やはがきが並んでいます。

自分はその場に行けなくても、分身がいるんだと思うと、喜びを感じます。

来間島滞在時にもお土産コーナー用に伝筆色紙やはがきを描いています。

屋外で描くのは気持ちよく、格別です。

こんなすてきな空間に飾ってもらえて、伝筆はがきたちしあわせだなぁ。

旅の思い出に、手にとっていただけたらうれしいです。

来間島に行ったら、パニパニカフェのぞいてみてくださいね。


自分の心にある、形のない想いや気持ちを、伝筆(つてふで)という見える形にして、

大切な人へ、大切に伝えます。


文字を描くのに年齢制限はありません。

50の手習いと言われるように、50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、

伝筆をはじめていただけます。


かなすふでぃ講座日程

かなすふでぃ講座メニュー


リクエスト/お申込み

お問合せ



一般社団法人伝筆協会認定講師

なみおか恵美

伝筆講師 なみおか恵美 東京/沖縄の筆ペン講座 かなすふでぃ伝筆 かわいい筆

伝筆とは?誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがった人気急上昇の筆文字です 講座では、見本を見ながら、筆ペンを使って書き方のコツを教えています 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000