伝筆キャラバン作品に込めた想い


伝筆キャラバンを主催するにあたって、準備するもののひとつに自身の作品があります。

どの伝筆先生も3作品ほど描かれているようなので、わたしも習ってそうしました。


あたたかい雰囲気にしたかったので、暖色系でまとめました。

伝筆キャラバンのテーマは“生まれてきてくれてありがとう”


言葉は、

「you' re my sunshine」

「あなたを愛してる」

そして、「Happy ばがふふぁ 我が子 day」


Happy ばがふふぁ 我が子 day…って???
ですよね。


宮古島方言で「ばがふふぁ」は我が子という意味なんです。発音がフランス語みたいでしょ。


Happy birthday のバースデーを「ばがふふぁ」に引っかけた、下地イサムさんの歌が大好きでこの言葉を選びました。


ワークショップのBGMはもちろん下地イサムさんです。
りーちゃん家の伝筆講座でもいつもイサムさんの曲を流しています。



イサムさんの故郷宮古島で聴くイサムさんの曲は格別で、感慨深いものがあります。


エフエムみやこ「玉元徳子のいいこといっぱい」でも流してもらいました。

「スマフツ」のCDへのサインはかれこれ2年前にもらいました。


言葉を選ぶとき、その人それぞれの背景が見えるものですね。


伝筆は、想いを伝える筆文字です。
あなたのお気に入り、筆文字にして伝えてみましょう。


文字を描くのに年齢制限はありません。
50の手習いと言われるように、
50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、伝筆をはじめていただけます。


英語版Lesson2、中級セミナー(ひらがな編・漢字編)、宛名セミナーは初級セミナーを修了された方が対象ですので、受講したい方は先に初級セミナーを受けてくださいね。






一般社団法人伝筆協会認定講師
なみおか恵美

かなすふでぃ伝筆 筆ペンを自由自在に操る東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000