勇気が出たで賞!?

伝筆ブラッシュアップセミナーの余興「目隠し伝筆に挑戦」の後、伝筆コンテスト入賞者の発表がありました。

次々と発表者が呼ばれる中、まずわたしは呼ばれるはずがないとボーッとしていました。

それがまさかの受賞でした。
なんで?というのが正直な想いでした。わかりづらい言葉だし、決して万人受けすると思っていなかったからです。

伝筆協会のブログ、伝筆らぼで紹介していただきました。ありがとうございます。
上記リンク伝筆らぼの中で、わたしが話したことを少し詳しく説明しますと...。

コンテストのテーマは「勇気が出る言葉」。

「新しい風がかならず吹くから」はこうして生まれました。


例えばオリンピック、観戦者にインタビューすると、「勇気をもらいました」「勇気が出ました」「勇気をありがとう」などと“勇気”という言葉を遣っているのをテレビでよく観ます。

感覚的に“勇気”と口にされているのでしょうが、果たして勇気ってどんなときにどうやって遣うのが正しいのか、考えれば考えるほどよくわからなくなってしまいました。

わたし個人としては、軽々しく“勇気”と口にするのはすごく抵抗がありました。


だから、コンテストのテーマである「勇気が出る言葉」は非常に難しく、しっくりくる言葉が見つからずにいました。


自分だったら、どんな言葉をかけてもらったら勇気が出るのか、何日も何日もぐるぐると頭の中で考える日々が続きました。

こうして、「新しい風がかならず吹くから」は生まれました。

この言葉で、この伝筆をみて、気持ちを強く持てた、元気や勇気が出た!という人がいらっしゃったらうれしいです。


仲間でもあり、良きライバルでもある伝筆先生たちから選んでいただけて、とても光栄です。これを励みにさらにがんばってまいります。


自分の心にある、形のない想いや気持ちを、伝筆(つてふで)という見える形にして、大切な人へ、大切に伝えます。

文字を描くのに年齢制限はありません。
50の手習いと言われるように、
50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、伝筆をはじめていただけます。

英語版Lesson2、中級セミナー(ひらがな編・漢字編)、宛名セミナーは初級セミナー修了された方が対象ですので、受講したい方は先に初級セミナーを受けてくださいね。


一般社団法人伝筆協会認定講師
なみおか恵美

かなすふでぃ伝筆 東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000