目隠し伝筆に挑戦

年に一度全国の伝筆先生が集う、ブラッシュアップセミナーの様子をお伝えします。

筆に想いをのせ伝え合う喜びへ其の一(ブラッシュアップセミナー前編)

ブラッシュアップセミナーで伝筆協会の理念をみんなで共通認識した後に、余興?というか初の試み「目隠し伝筆」に挑戦しました!

どのような理由で選出されたのか忘れてしまいましたが、呼ばれるままとにかくひな壇へ。

まず目隠しを渡され、目の前にはA3版サイズくらいの大きな紙が、そして黒の筆ペン。

わたしのペアは神奈川県を中心にご活躍の 埋橋 眞弓(うずはし まゆみ)先生、心強い!

てっきり二人羽織をイメージしていたのですが、アドバイスを聞きながらわたしが目隠しをして描く方式でした。


どんな感じだったのかというと...。

筆ペンを持たされ~、キャップを外して~

埋橋先生からアドバイスを聞きながら~ふむふむ...

大丈夫かな...ちゃんと描けてるのかな...

こういうときは一気に描き上げたほうがいいと心を決め、埋橋先生を信じ、自分を信じーーえいやっ!


もう目隠し外していいですか?

なんとか読める文字で描けたみたいでホッ。

もっと大きく描けばよかったかな、いつもより少し大きく描くイメージじゃちょっと小さかったみたい。ほかのお二人の先生は堂々とド真ん中に描かれてました。


三人三様、みんな違ってみんないい!

ここが伝筆の良いところです。

目隠し伝筆、わたしも生徒さんがもっともっと増えたら、イベントでやってみたいなぁと思ってしまいました。盛り上がること間違いなしです。


このあと、伝筆作品コンテスト表彰へと移ります。

あらためてご紹介させていただきますね。


一般社団法人伝筆協会認定講師

なみおか恵美

かなすふでぃ伝筆 筆ペンを自由自在に操る東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000