予想以上に喜ばれる寒中見舞い


寒中見舞いのはがき、いただいたことはありますか?

そして、お出ししたことはありますか?

松の内(1月7日)までに年賀状を出しそびれたときだけでなくて、喪中の人にもお出ししていいのです。



寒中見舞いを出す期間は、松の内(1月7日)明け、つまり1月8日から立春(今年は2月4日)までです。

投函するのは1月末までを目安とすればよいと思います。

寒中見舞いのはがき、出す人になりませんか?




自分の心にある、形のない想いや気持ちを、伝筆(つてふで)という見える形にして、
大切な人へ、大切に伝えます。

文字を描くのに年齢制限はありません。
50の手習いと言われるように、50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、
伝筆をはじめていただけます。



一般社団法人伝筆協会認定講師
なみおか恵美

かなすふでぃ伝筆 東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000