自分の字でいいんだと自信がうまれます


「筆文字が描けたら」というひとつの憧れから、誰でも描けるようになるコツを集め続け、できあがったのが伝筆です。


「守破離」と書いて“しゅはり”と読みます。

まず師匠の在り方やり方を徹底的に素直に真似て、基本を身につけるということです。

伝筆でいうと、講師の説明をしっかり聞いて、見本を真似るところから始めてくださいということ。

それを教えているのが、伝筆初級セミナーなんですね。


伝筆協会侑季蒼葉代表が、自分でも読めないほどに字が下手なAさんに伝筆を教えている様子を紹介されています。

文字を書く時に、誰でもきれいに書きたいと思います。

しかし、伝筆セミナーではきれいに書くことをゴールにしていません。


侑季代表の言葉をお借りすると...伝筆講座の目的は、

自分の心にある、形のない「想いや気持ち」を、「伝筆(つてふで)」という「見える形」にして、大切な人へ、大切に伝えるため。


なぜ「筆文字が描けたら」と思うのでしょうか。

その答えがまさしくここにあります。

想いや気持ちを伝えたい、大切な人がいるからではないでしょうか。

自分の字でいいんだ

そう思えるようになったとしたら、どうでしょうか。

それも半日で。正確には4時間30分で。

もっというと、最初の1時間ちょっとで。


文字のコンプレックスから解き放たれ、もっともっと描きたくなります。

なぜそんなふうに思えるのか?

繰り返します。

「筆文字が描けたら」というひとつの憧れから、誰でも描けるようになるコツを集め続け、できあがったのが伝筆だからです。

かなすふでぃ伝筆 筆ペンを自由自在に操る東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000