伝筆絵馬初めは代々木八幡宮で


真っ青な空に呼ばれて、思わずバスに乗り代々木八幡宮まで。



年始、当然のことながら混んでいました。

行列の最後尾は一の鳥居、この日は暖かく、参道には地域の小学生の書がびっしり掲げられており、小1時間退屈することなく過ごせました。



参拝後は、新年初の絵馬を奉納してきました。




猪に童子がまたがっててかわいい!

干支招福絵馬・心願成就絵馬

著名なイラストレーターでグラッフィックデザイナーでもある蓬田(よもぎだ)やすひろ氏作。 蓬田先生は代々木八幡宮の神主家の娘である作家・平岩弓枝氏の代表作『御宿かわせみ』で挿絵を長く担当。 干支の動物とともに描かれた童子には、八幡さまの子育てのご神徳と通じるよう、 健やかな子供の成長と家族の幸せへの祈りが込められています。12枚揃えるとさらに幸運が…。





絵馬は神社それぞれに挿絵に特色があって、それも楽しみのひとつです。

その他伝筆絵馬の記事はこちらから



2019年は伝筆立春大吉講座&絵馬ツアーからスタートします。

講座はおめでたい言葉をたくさん描いて、新春企画ですので特別にその方の願い事に応じて、絵馬描きのアドバイスもさせていただきます。


あと2名さまおはいりいただけます。ランチ会場の予約の都合上、1月6日(日)までの申し込みで締め切らせていただきます。


お申込みはこちらから




自分の心にある、形のない想いや気持ちを、伝筆(つてふで)という見える形にして、
大切な人へ、大切に伝えます。


文字を描くのに年齢制限はありません。
50の手習いと言われるように、50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、
伝筆をはじめていただけます。




一般社団法人伝筆協会認定講師
なみおか恵美

かなすふでぃ伝筆 東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000