暑中見舞いっていつ出せばいいの?

暑中見舞いっていつ出せばいいの?

いや、そもそもなんで暑中見舞いを出すの?

一年で最も暑い時期に、相手の安否や健康を気にかける習慣があったからだそうです。

大事なのは、相手にとってというところ。

だから、相手にとって
一年で最も暑い時期に送るのが良いとされています。
要するに暑さのピークですね。

暑中見舞いの時期には諸説ありますが、
明確にいつからと決まっているわけではありません。

ただ、いつまでか?というのは、
立秋は今年は8月7日になりますので、
8月6日までに届くように出さないといけません。

つまり、目安としては、
7月に入ってから8月6日までに届くように出せば問題なしです。

忘れてはならないのは、
どんな便りも相手を気遣うこと!
これが一番大事です。


かなすふでぃ暑中見舞い講座
7月16日(月・祝)
10:15~11:45

定員6名さま(残5名さま)
4,500円税込 筆ペン貸し出し(飲み物付きお替り自由)
伝筆初級セミナー修了者さま・筆ペン持参の場合 、4,000円税込(飲み物付きお替り自由)
セミナー当日、開始前にお支払いください。
特典:かなすふでぃオリジナル見本付き
 
持参物 A4サイズの紙15枚(広告の裏紙等でかまいません)
 
[会場]BASE POINT 
東京都新宿区西新宿7-22-3
TEL 03-5332-8332
※会場は変更の可能性あり


自分の心にある、形のない想いや気持ちを、伝筆(つてふで)という見える形にして、大切な人へ、大切に伝えます。


文字を描くのに年齢制限はありません。
50の手習いと言われるように、
50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、伝筆をはじめていただけます。


英語版Lesson2、中級セミナー(ひらがな編・漢字編)、宛名セミナーは初級セミナー修了された方が対象ですので、受講したい方は先に初級セミナーを受けてくださいね。


一般社団法人伝筆協会認定講師
なみおか恵美

かなすふでぃ伝筆 筆ペンを自由自在に操る東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000