学芸大学で焼肉三昧

听、この漢字、“ポンド”と訓読みします。


急きょ、友人夫妻と会うことになり、先方が選んでくれたお店…「听屋焼肉」で焼肉三昧してきました。
外観と店内の写真は撮り忘れてしまいましたが、焼肉屋のイメージからかけ離れたガラス張りのスタイリッシュなお店でした。
BGMはラテン系のサルサ音楽かな?がかかっており、ユニークそのもの。


前菜からスタートです。

洋風な焼肉屋さんといった感じです。
オーガニック野菜をりんごベースでさっぱり和の味わい『オーガニックサラダ』

和牛の握り

さあ、ここから焼き始めます。


塩とタレ好きなほうでいただきます。

7秒だけ焼く、焼きしゃぶ。
焼いてタレをつけて、一口大ライスと卵黄に絡めていただきます。

この時点でかなりお腹はいっぱいなのですが、鍋が運ばれてきます。
塩ベースのポトフをチョイス。
えーっ!
かなりなボリュームです。

牛スジ、ウインナーに蕪、玉ねぎ、トマトにハーブ、暑い日に焼肉屋でポトフを食べてるなんて不思議です。



〆はスパイシーカレー、名物はどら焼き!

どら焼きを少し分けてもらいました。
ハチミツたっぷりのしっとりした生地に、ドライキーマカレーが挟まれており、あまじょっぱくて癖になりそうなお味。
こちらのお店の看板メニューです。


さあ、楽しくおしゃべりしたし、お腹もいっぱいになったし、お店も混んできたし、伝筆も描いたし、と席を立つと、お店のお兄さんからストップがかかりました。
“まだデザートがあります”
シャリっとさわやかなフローズンヨーグルトでした。


飲食店で伝筆するはもうすっかり習慣になりました。
わたしはお店の方には手渡しせず、テーブルに置いてお店を出ます。どうも照れくさくて。
極まれにお渡しすることもありますが…。
もっと積極的にならないととは思うのですが、性分なもので。


きっと手渡ししたら喜んでくれて、話もはずんで、お店の人に覚えてもらえるはずです。
営業の仕事をされてる方には、最強の武器になるでしょう。



文字を描くのに年齢制限はありません。
50の手習いと言われるように、50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、伝筆をはじめていただけます。


英語版Lesson2、中級セミナー(ひらがな編・漢字編)、宛名セミナーは初級セミナー修了された方が対象ですので、受講したい方は先に初級セミナーを受けてくださいね。


一般社団法人伝筆協会認定講師
なみおか恵美



自分の心にある、形のない想いや気持ちを、伝筆(つてふで)という見える形にして、

大切な人へ、大切に伝えます。


文字を描くのに年齢制限はありません。

50の手習いと言われるように、50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、

伝筆をはじめていただけます。


かなすふでぃ講座日程

かなすふでぃ講座メニュー


リクエスト/お申込み

お問合せ



一般社団法人伝筆協会認定講師

なみおか恵美

伝筆講師 なみおか恵美 東京/沖縄の筆ペン講座 かなすふでぃ伝筆 かわいい筆

伝筆とは?誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがった人気急上昇の筆文字です 講座では、見本を見ながら、筆ペンを使って書き方のコツを教えています 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000