伊勢詣り前は伊勢うどんで腹ごしらえ


風が強く吹く伊勢の駅に降り立ち、真っ先に目指す場所があります。

伊勢詣りも大事なんですが、冷え切ったからだには伊勢うどんが欠かせません。



伊勢詣り前、腹ごしらえは伊勢うどんと決めています。



「あさを」の女将千鶴子さんとは、昨年暮れから昔からの友人を介してのご縁です。

いつもそれはそれは心のこもったおもてなしをしていただいております。



この日は名古屋周辺は雪が舞い散る寒い日で、あったまってもらいたいとのお気遣いで、湯豆腐から始まり…。



お料理は、紫蘇ジュースから柚子味噌から、なにもかもが手作りです。

たまたま訪れた日は先約がなく、わたし一人のためにこんなにもたくさんのお料理を、一生懸命真心こめて千鶴子さんが作ってくださいました。



出汁の一滴残さず、すべて美味しくいただきました。

生けてあるお花たちは野にあるもの、千鶴子さん自宅のお庭からのものと、自然な感じでこれまたとても素敵なのです。



千鶴子さんとお話をしながら、寛ぎの空間での食事は、わたしにとってのご褒美時間です。

高級料亭もいいですが、実家に帰ってきたようなこの場所が大好きです。

いつも本当にありがとうございます。




あさを 旬彩
伊勢市本町4-3
0596-27-6228
完全予約制
2階は京都より吟味された呉服、3階は和の小物を扱っていらっしゃいます。



自分の心にある、形のない想いや気持ちを、伝筆(つてふで)という見える形にして、
大切な人へ、大切に伝えます。

文字を描くのに年齢制限はありません。
50の手習いと言われるように、50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、
伝筆をはじめていただけます。



一般社団法人伝筆協会認定講師
なみおか恵美

かなすふでぃ伝筆 筆ペンを自由自在に操る東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000