一生肩書きのない人生


冬至、それは始まりの日。


冬至の日を境に運が向いてくる「一陽来復」って?

「一陽来復」 あなたの運も上昇させましょう! 1年で最も日が短いということは、翌日から日が長くなっていくということ。そこで、冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で冬至の祝祭が盛大に行われていました。太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点です。
中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)といって、冬至を境に運が向いてくるとしています。つまり、みんなが上昇運に転じる日なのです!


始まりの日は振り返る日でもあります。

そして、あらたに心に誓うのであります。



一生 不染汚
一生 肩書きのない人生




誰にも何にも染まらず、自分であり続けること。

肩書きがなくとも、一人の人間として愛される認められる自分であること。

これがわたしの目標です。

とても難しいことですから、目標としていきたいと思います。



不染汚とは

不染汚は「ふぜんな」(ふぜんま、と読むこともあります)と読み、

意味は何事にも染まったり、汚れたりしない状態のことを指します。

転じて、そのまま、ありのままの自分や相手を受け入れる、平常心という意味で使われます。

元々は曹洞宗の開祖の道元禅師が著した『正法眼蔵』の中にある言葉だそうです。





自分の心にある、形のない想いや気持ちを、伝筆(つてふで)という見える形にして、
大切な人へ、大切に伝えます。


文字を描くのに年齢制限はありません。
50の手習いと言われるように、50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、
伝筆をはじめていただけます。



一般社団法人伝筆協会認定講師
なみおか恵美

かなすふでぃ伝筆 筆ペンを自由自在に操る東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000