伊勢神宮の飾り絵馬「亥」


伊勢神宮詣りの楽しみのひとつ。

それは飾り絵馬!

今年はどんな絵柄かなぁと胸をふくらませます。



期待を裏切らない、猪と瓜坊(うりぼう)が描かれていました。

微笑ましく、そしてやはり美しい。ずっと見ていたくなります。



絵馬の作者を調べましたが、よくわかりませんでした。

あえて名前は伏せられているのかもしれませんね。

どなたかご存知でしたら教えてください。



この美しい絵馬にふさわしい言葉はなにか…。

思い浮かんだのは勇往邁進です。


勇往邁進の意味とは

「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」は、「目標や目的に向かって、恐れることなくまっすぐ進むこと」や「困難を恐れることなく、勇んで前進すること」という意味に使われます。
「勇往」という言葉は、勇んで前進することを意味し、「邁進する」は、気後れすることなく一心に進むことを言います。実は、同じ意味を重ねた四字熟語になっており、「意気盛んに進むさま」を強調した言葉です。
しかし、「邁進する」には、かっこよく前へ進むという姿より、日々精進し一歩ずつ着実に進むという意味で使います。
元二子山部屋の大関貴ノ浪は、大関昇進伝達式の口上で、「勇往邁進」を用いて昇進の意気込みを表しています。また、英語にも「going full speed ahead(わき目もふらずに、全力で進む)」という、勇往邁進と同様の言葉があります。



絵馬というと願い事を書くのが常ですが、自身の決意、いまの時期なら今年の抱負を書いてみてはいかがでしょうか。


1月26日(土)は新春立春大吉講座の後、穏田神社で伝筆絵馬を描きます。

申し込みは締め切っておりますが、ご希望があれば調整してみますのでご連絡くださいませ。

また、1月27日(日)伝筆初級セミナーはあと1名さまご参加いただけます。

新年、新しい事、心が豊かになる伝筆を始めませんか?





自分の心にある、形のない想いや気持ちを、伝筆(つてふで)という見える形にして、
大切な人へ、大切に伝えます。


文字を描くのに年齢制限はありません。
50の手習いと言われるように、50歳からでも60歳からでも「生涯の技術」として、
伝筆をはじめていただけます。




一般社団法人伝筆協会認定講師
なみおか恵美

かなすふでぃ伝筆 東京/沖縄の筆ペン講師 なみおか恵美

誰でも筆文字を描けるようになるコツを集め続けできあがったのが伝筆です 自分の心にある形のない想いや気持ちを“伝筆”という見える形にして大切な人へ大切に伝えます ~筆に想いをのせ伝え合う喜びへ~ Tsutefude is a unique way to paint message from the heart.

0コメント

  • 1000 / 1000